右と左

右または左?

その1
少し前の事になりますが、ある製薬メーカーの行った我が国における逆流性食道炎の大規模調査に参加しました。
最近、それに関するアンケート表をMRが持ってきました。
生活指導に関するアンケートでしたが、その中で「横になる際には左を下にするように指導していますか?」という項目がありました。
右を下にするように指導するのが普通ではないかと思いMRにその旨を話し、学術に連絡をとって貰いました。
その答えは左で間違いないとのことでした。
しかし、何だかしっくり来ません。

その2
ある製薬メーカーの降圧剤の広告で、カラフルな血管の解剖図をみられた方も多いのではないかと思います。
血管が大切であるということを強調した広告ですが、総腸骨大動静脈の前後左右の位置関係が明らかにおかしいのです。
皆様周知のごとく、この動静脈の位置関係は、左下肢がむくみ易いという現象の説明には大事なことです。
早速MRを介して本社に連絡をとって貰いました。
過ちを認め、この広告は中止するとのことでした。
全国のドクターから数多くのクレームが届いているのかと思いましたが、他に指摘した方はいないとのことでした。
ある意味で医学的な内容である訳ですから、専門医が監修するなり顧問として関与する必要があると思うんですが。

その3
診察風景で、医師が左腕で血圧を測定している光景を目にします。
私自身、右腕で測定するのが大原則と考えていました。
しかし数日前の血圧測定に関する私が書いた内容では、そうでもないようです。
治験や臨床試験の際にはその辺の徹底はどうなっているんでしょうか。
測定する度に異なる血圧値。しかも左右も決められていないようならそのデータたるや・・・。

c0129546_14444468.jpg


その4
随分昔の話。
当時の国立ガンセンター総長をとりあげたドラマをテレビでやっていました。総長を扮するのは俳優の児玉清。
二重造影をする場面で患者は右側臥位でゴロゴロさせられていました。
おまけに番組の最後には、監修した医師の名前もご丁寧に流れていました。

その5
あることがきっかけで注腸レントゲンを行った男性患者。
検査の結果走行異常が見つかり、内臓逆位症であることがことが判明しました。
腹部には左右の下腹部に手術創が。よく聞くと、随分前に虫垂炎をやり両方切ったとのこと。
左下腹部が痛かったはずと思ったのですが、右下腹部の手術痕がなんであったのかいまだに分かりません。

その6
心臓は左。肝臓は右。発生学的にどうしてそうなるのかを研究している学者がいます。


身体の左右非対称を形成するしくみ
http://www2.kpu-m.ac.jp/~anat2/Projects/thema2.html

細胞極性
http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~ohnos/Research/Polarity/Polarity1.html
(ちょっと本題とははずれますが、こんなのもあるんですね)



一般の方用のブログは別にあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy/
[PR]
by esnoopy | 2007-08-17 01:00 | その他
<< 症候群とは? ハリソン内科学 >>