プラセボ(偽薬)って?

プラセボって「耳たこ」の言葉です。
最近は臨床試験が目白押しです。
これらの試験の解釈にはプラセボの正しい把握
がかかせません。

最近になって科学的にアプローチした論文(Scientists Unlock
Secrets of the 'Placebo Effect')が出て話題となったようです。
この論文については後で紹介します。

まず最初はプラセボの復習からです。

プラセボとは
「プラセボとはラテン語で、「私は満足するでしょう」という意味です。
1785年に、プラセボという言葉が「ありふれた方法あるいは薬」とし
て初めて医学辞典に載りました。この辞典の2回改訂された後の版
は、プラセボは効果も害もないらしい「気休め薬」となりました。
現在では、プラセボ(偽薬)による効果には良いものも悪いものも
両方あることが知られています。」
プラセボとは何か「メルクマニュアル家庭版」
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec02/ch010/ch010c.html?qt=プラセボ%20&alt=sh
1955年に米国Harvard大学のH. K. Beecher氏が、プラセボ効果
を検証した論文を発表して以来、広く世間に知られるようになりました。

プラセボ(placebo;プラシーボともいいます)とは、薬の成分が入っ
ていなくて薬理作用のないものです。
そしてプラセボ効果とは、患者自身効果があると思い込むことにより、
偽薬を投与しても実際に効果が認められる現象のことをいいます。
このプラセボ効果には2つの要素がかかわっています。
一つは薬の服用による楽観的な結果の期待(被暗示性ともいう)と、
二つ目は自然発生的な変化です。
人間は治療しなくても自然に良くなることも、悪くなってしまうこと
もあります。
プラセボの服用後に自然に変化が起こった場合、それが良い結果
だからとプラセボをほめることも、逆に悪い結果についてプラセボを
非難することも出来ません。

プラセボ効果は心理的な要因が大きいものですから、全ての人
がプラセボに反応するとは限りません。薬や医師、看護師、病院
に対して肯定的な意見をもつ人は、否定的な意見をもつ人より
プラセボに好ましい反応を示す傾向があります。
要するに個人差があるのです。

大脳皮質が関与している症状(特に疼痛)はプラセボによる影響
を受けやすいとされています。

そして臨床の現場では、プラセボは2つの使われ方をします。

一つは、実際に臨床で使われるものです。
例えば、不眠を訴える患者が引き続いて催眠薬を希望する
ような場合に、薬の連用による薬物依存になることを防止す
るため、プラセボを与えることがあります。
この場合、患者が医師と薬に対して信頼感をいだいている
ことが大事なことになります(そのことは普通の薬を飲むとき
でも同じことが言えます。効くと思って飲むのと、効くわけない
と思って飲むのとでは効き方が違ってきます)。

もうひとつは新薬の臨床治験の際、実際の薬の効果を正確
に調べるために、プラセボ薬と実際に薬が入っているものとで
比較して薬効などを調べるというものです。
二重盲検試験によっては、プラセボを服用した参加者の
50%が改善を示すことがあるといわれています。
このような場合には実薬の有効性を立証することは困難
となります。

c0129546_725233.jpg

シャガール 「Circus Fan Dncer」
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b81464163


さて先ほどお話した論文の紹介です。
「プラセボ効果」のメカニズムが明らかに

「プラセボ(偽薬)効果」を引き起こす脳の領域が側座核(NAC)にあることが米ミシガン大学(ミシガン州アナーバー)のDavid J. Scott,氏らの研究によって明らかにされ、医学誌「Neuron」7月19日号で報告された。
Scientists Unlock Secrets of the 'Placebo Effect'
http://www.healthday.com/Article.asp?AID=606504

「プラセボ効果」のメカニズムが明らかに
http://www.drakahige.com/NEWS/DAILY/2007/2007073004.shtml
(日本語訳が見れます。)
衝動を抑える脳の場所!?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/1850/brainnews_09.html
線条体
http://ja.wikipedia.org/wiki/線条体
プラシーボとプラシーボ効果について
http://www.page.sannet.ne.jp/onai/Healthinfo/Pracebo.html
プラセボ
http://www.ffortune.net/spirit/sinri/placebo.htm
プラセボ(偽薬)って?
http://d-inf.org/drug/placebo.html
プラセボとは?
http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/021024html/index_2.html


医師と患者とくすりの不思議
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_20.htm
Is the Placebo Powerless?— An Analysis of Clinical Trials Comparing Placebo with No Treatment
http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/344/21/1594
(NEJM誌に掲載された論文。130の論文を検討した結果、プラシーボ効果
について否定的と結論付けた。)
ホメオパシーの効果はプラセボ効果と同一
http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20050902hj001hj
ホメオパシー(同種療法)の臨床的有益性は、プラセボ(偽薬)効果と
同じものに過ぎないとする研究報告です。
「Lancet」2007年8月27日号に掲載。


循環器系の話題は
「葦の髄から循環器の世界をのぞく」 http://blog.m3.com/reed/
一般の方または患者さん向きの話題は
「ふくろう医者の診察室」 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy               でとりあげています。
[PR]
by esnoopy | 2007-09-20 00:25 | その他
<< 世界アルツハイマーデー GOLD >>