ジュースでアルツハイマー病のリスク軽減

フルーツジュースや野菜ジュースをよく飲む人は、アルツハイマー病
の発症リスクが大幅に低いことが示された。ジュースを週1回未満
しか飲まない人に比べ、週3回以上飲む人ではアルツハイマー病の
発症率が76%低く、週1〜2回飲む人でも16%低いという。

この知見を報告した米Vanderbiltバンダービルト大学(テネシー州)
医学部助教授Qi Dai博士によると、これは抗酸化物質の中でも特に
強力であるポリフェノールによる効果だという。ポリフェノールは果物や
野菜の皮の部分に含まれ、実を丸ごと絞ればジュースにも含まれる。
これまでアルツハイマー病に関する生化学研究では、脳に形成される
アミロイド-β(ベータ)蛋白(たんぱく)の蓄積に焦点が当てられ、
抗酸化物質がこれを防ぐ可能性について検証されてきたが、抗酸化物質
であるベータカロテンなどには効果が認められなかった。

以下略

(HealthDay News 8月31日)
米医学誌「American Journal of Medicine」2006年9月号に掲載。
http://www.drakahige.com/NEWS/DAILY/2006/2006091104.shtml
<コメント>
この研究はKame Project(カメ・プロジェクト。カメが長寿であることに
ちなんだ命名)というそうで親近感を持ちますね。
この調査はおよそ2,000人というある程度の母集団を10年間追跡して
わかったもので、被験者の集団が大きいこと、また長期に及んでいること
から、調査結果は信頼性が高いと考えられます。
c0129546_720115.jpg

高山辰雄(文化勲章文化功労者) 静物画12号
http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x22795992

野菜ジュースがアルツハイマー病予防に効果
http://www.yukan-fuji.com/archives/2005/07/post_2872.html
<コメント>
2005.7にすでに同様の報告が国際学会でされています(南フロリダ大学
の研究チーム)。上記のニュースは米Vanderbiltバンダービルト大学
(テネシー州)ということなので別の研究の模様。
このサイトではポリフェノール効果、カロチノイド効果についても書かれて
います。


アルツハイマー (2)—ブレイン・フード
http://www.wakagaeri.com/library/navi/contents/0692.html
アルツハイマー病、脳血管障害などの原因究明と予防薬や治
療薬の開発
http://resweb2.jhk.adm.fukuoka-u.ac.jp/FukuokaUnivSeedsPdf/3350/SEEDS.pdf?P=2007-09-03%2002:07:11
(アルツハイマーに関してはいろいろの食品が取り沙汰されています。)

他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室  http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed
(循環器科関係の専門的な内容)
[PR]
by esnoopy | 2007-09-26 00:42 | その他
<< アスピリンによる大腸癌抑制 慢性腎不全患者の蛋白制限は本当... >>