タクティールケア

昨夕のニュース番組の特集で認知症の方に対するスエーデンの
取り組みが紹介されていました。
見られた方も多いのではないでしょうか。
番組の中での主人公はグスタフ・ストランデル氏。
日本にタクティールケアを紹介しようとやって来た日本語
ペラペラのスエーデン人です。
要するに、認知症の方に接する時に手を握ったり背中を
なでたりすることによって介護の効果を上げるという、いわば
補完医療です。

日本でも昔から言う「手当」や、日野原重明先生の日頃の診察法と
何ら変わることはないのです。
私達も可愛がっている犬や猫に自然とやっていることですし、
そして恋人達も・・・。

今後増加する認知症の方に接する時には是非試みたいと
思っています。

対象を間違えると医業停止処分になりますからご注意を。

詳しくは以下のサイトをご覧下さい。
target="_blank">http://www.jsci.jp/news2.html
タクティールケア
http://www.kaigoyobou.org/ninchi/sweden03.html
タクティールケア
http://www.clubeko.com/taktil.htm
認知症高齢者との「タクティールマッサージとは」
http://fukushi-sweden.net/welfare/kaigonosikata/2007/taktil07.01..html

c0129546_7412771.jpg

ベルナール・ビュッフェ アンリ二世橋 リトグラフ
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v29297919


<番外編>
昨日届いたAstellas Square2007.10-11月号にこんなサイト
の紹介がありました。

急性腹症のオンラインケーススタディ集
急性腹症のCT演習問題
http://www.qqct.jp/中部徳州会病院のホームページに収載されている(急性腹症のCT演習問題サイト。)

他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室  http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed
(循環器科関係の専門的な内容)




[PR]
by esnoopy | 2007-10-01 00:38 | その他
<< 医療ミスについて タミフルの脳への興奮作用、ラッ... >>