アセトアルデヒドは発がん物質?

最近、飲酒と発がんの報告が散見されます。
タバコの害のキャンペーンがアルコールに飛び火した
感もあります。
アルコールはたしかに発がんのトリガーと考えることも
できるでしょうが本当に疫学的にもそうなのか?
愛飲家はたしかに男性に多いわけですから男性の平均
寿命を下げているのか(酒飲みは早死か)?
非常に気になるところです。
(つまりがん死亡のみならず総死亡も?)
最近の報告を少しアップしてみました。

内容をそのまま掲載するのは本意ではありませんが、
ニュース記事のためアクセスが今後出来なくなるという
ことでそのまま出させていただきます。


飲酒後すぐ赤くなる人・膵臓がんリスク1.5倍

酒を飲むと顔がすぐに赤くなる体質の遺伝子を持つ人は、
そうでない人より膵臓がんになるリスクが約1.5倍高いことが、
愛知県がんセンター研究所(名古屋市)の松尾恵太郎
主任研究員らの調査で分かった。10月3日から横浜市で
開かれる日本癌学会で発表する。
飲酒と肝臓がんや食道がんの関連性は既に知られているが、
遺伝子型に絡めて飲酒と膵臓がんとの関係が確認されたのは
初めてという。
松尾研究員らは、飲酒後に体内でアルコールが分解
されてできる有害物質アセトアルデヒドの代謝能力が、
3タイプある遺伝子型によって
(1)正常(2)低い(3)ほとんどない
—と違うことに注目。
2001—05年に膵臓がん患者138人と、がんでない690人
を対象に、遺伝子型や飲酒量を比較調査し、
年齢や生活習慣を加味して膵臓がんのリスクを計算した。
その結果、日本人の約5割を占めるとされるアセトアルデヒド
を正常に代謝できる人に比べ、約4割の人は代謝に時間
がかかるため、飲酒で顔が赤くなりやすく、このリスクが
1.52倍だった。残りの1割の人は代謝能力がほとんどないが、
酒も飲めない体質のため、リスクは1.09倍にとどまった。
また、正常に分解できない2タイプの人は日本酒換算で
1日1合アルコール摂取が増えると、リスクが3割増すという。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070927STXKD042826092007.html

"乳がん、飲酒でリスク拡大 酒の種類問わず 米民間調査"
米保険大手カイザー・パーマネンテが発表した調査結果によると、
女性が毎日飲酒した場合、乳がんになるリスクが拡大する
傾向が確認された。酒の種類を問わず、健康に良いとされる
赤ワインでも発生率が高まった。
調査は約7万人(うち2829人が乳がん発病)を対象に実施。
ワインなどを毎日3杯以上飲む女性の乳がん発生率は、
ほとんど飲まない女性より30%高かった。
同社研究員は「毎日3杯以上の飲酒が乳がん発生率拡大
につながるのは、毎日1箱以上の喫煙が肺がん発生率拡大
につながるのと似た関係にある」と警告した。
毎日1、2杯飲酒する女性の乳がん発生率も10%高かったため、
家族に乳がん患者がいる場合などは飲酒習慣に注意が必要
だと助言した。
飲酒と乳がんリスクの関連性は指摘されてきたが、血圧低下
などの効果がある赤ワインは例外との意見もあった。
しかし、今回の大規模調査で、赤ワインやビール、ウイスキー
の間に違いはなく、アルコール摂取量が発がん率を左右する
傾向が分かった。ただ、リスクを高める原因は未解明という。
http://www.asahi.com/health/news/JJT200709280008.html

赤ワインが前立腺がんの予防に効果=米の研究
米アラバマ大学バーミングハム校の研究で、赤ワインに
含まれているポリフェノールの一種のレスベラトロールが、
前立腺がんに効果があることが分かった。
レスベラトロールを与えたオスのネズミの実験で、
危険な前立腺がんの発生が87%も抑えられた。
また、レスベラトロールを与えられたネズミはがんになった
としても、その腫瘍は与えられなかったネズミに比べてより
小さく、進行が抑えられたという。
赤ワインに含まれるレスベラトロールには強力な化学的
予防効果があり、心臓病などに良いとされているが、
研究者はこの研究によって、もう一つの効能が付け
加わったとしている。
また、同大学の昨年のメスのネズミを使った実験で、
乳がんになる危険を減らすとの結果も出ている。
問題は、今回の実験ではオスのネズミに人間が1日に
ボトル1本を空ける量に匹敵するレスベラトロールが
与えられたこと。
研究チームは今後、人間の前立腺がんに効果をもた
らすにはどれくらいの量が必要かを調べる研究を行う
という。
研究者は、その結果が出るまでは、男性は1日に
ワインをグラス2杯、女性は1杯にとどめ、そのほかに
レスベラトロールを含むブドウ、ラズベリー、ブルーベリー、
ピーナッツなどを食べるのがいいだろうと述べている。
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_sci&k=20070910014193a

アセトアルデヒドは、ヒトリンパ球を使った変異原性試験
において染色体異常が報告されています。人の発がん性
に関しては十分な証拠がなく、国際がん研究機関(IARC)
ではこの物質を2B(人に対して発がん性があるかも
しれない)に分類しています。
 なお、日本人の飲酒と発がん性の関係を検討した疫学調査
においては、飲酒によって血中アセトアルデヒドの濃度が高い
と食道がん発生に重要な役割を果たすことが強く示唆されて
おり、食道以外の部位の発がんに対しても役割があると
報告されています。
http://www.env.go.jp/chemi/communication/factsheet/data/1-011.html

化学発がん因子(アセトアルデヒド)、物理発がん因子
http://www.pref.gunma.jp/c/02/eikanken/houkoku/tokubetu16-3.pdf
<コメント>
私の興味はただ一つ。
愛飲家の私としては、タバコと同じように、適度でもアルコールが
「発がん」を含めて、諸悪の根源だと決めつけられる日が
間近いのかということ。
不治の病にかかった時。
医者の不養生といわれることには覚悟が出来ていても、
酒が好きだったからと言われるのは・・・。
今のところ健康のために飲んでいるんですけど。

諸兄はいかがですか?


c0129546_6562457.jpg

井藤雅博10号 台形の屋根のある運河 油絵画
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b79856564

ふくろう医者の診察室  http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed
(循環器科関係の専門的な内容)
[PR]
by esnoopy | 2007-10-04 00:10 | 消化器科
<< 新糖尿病薬 高齢者に対する抗コリン剤投与 >>