ヘリコバクターピロリ菌感染と胃癌

最近、新聞などでヘリコバクターピロリ菌感染と胃癌に関する発表が
続きました。
このピロリ菌は細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となりうることが明らかに
なっている唯一の病原体です。
一方、ヘリコバクター・ピロリの除菌が広く行われだした頃から、
この治療を行った患者に食道炎や食道がんの発生が多いことが
報告されています。
本菌は胃に対して悪影響をおよぼす一方、食道に対してはむしろ
疾患を防御している可能性もいわれています。

きょうはそのピロリ菌と胃癌についての新知見を紹介をさせていただきます。


<ピロリ菌>感染持続のナゾ判明 東大チーム
50歳以上の日本人の半数が感染しているとされるピロリ菌が、胃の中で
感染を持続させる仕組みを、東京大医科学研究所などの研究チームが
解明した。
ピロリ菌は胃かいようや胃がんの原因になるとされる。
抗生物質による除菌以外の新たな治療法の開発につながる成果で、
11日発行の米科学誌に掲載される。
胃や腸の表皮細胞は絶えず自ら細胞死を引き起こし、2〜3日ごとに
新たな細胞と置き換わることで病原菌の感染から身を守る。
その中で、ピロリ菌が長期間、感染し続ける仕組みは謎だった。
笹川千尋・東京大医科学研究所教授(細菌学)らは、ピロリ菌に感染
したスナネズミでは、細胞死が通常の半分程度しか起きないことを発見。
一方、「CagA」というたんぱく質を作れないピロリ菌を作り、スナネズミに
感染させると、通常通り細胞死が起きた。
このため、ピロリ菌は胃粘膜にCagAを注入することで細胞死を抑制
していると結論した。
ピロリ菌の中には、薬に耐性を持つ菌も出始めている。
笹川教授は「細胞死を抑制する経路を断てれば、持続感染を防ぐ
新たな治療法への布石になる」と話している。
10月11日1時39分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000010-mai-soci

ピロリ菌の持続感染戦略を発見
(抗生物質とは異なる新しい治療法開発への布石)
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20071011/index.html
(上記の研究者によるサイトです。詳しく説明されています。)

早期のピロリ除菌、胃がん予防に効果 和歌山医大調べ
胃がんを引き起こすとされるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌を、胃壁が
変化する「萎縮(いしゅく)性胃炎」発症の前にすると胃がんの予防効果
が高いことが、和歌山県立医大の一瀬雅夫教授(第2内科)らの大規模
な調査でわかった。
早期の除菌が有効であることを示すデータで、横浜市で開かれている
日本癌(がん)学会で3日、発表した。
萎縮性胃炎は、胃壁が薄くなり、胃酸の分泌が減る状態。ピロリ菌
感染者の約3割に見つかり、10年以上を経てがんになることが多い。
一瀬教授らは、1994年以降に、和歌山県で胃がん検診を受けた
40歳以上の男性で、ピロリ菌に感染した人のうち、4129人を約
10年間追跡し、胃がんの発症率などを調べた。
検診時に萎縮性胃炎と診断された人のがん発症率は、約2%で
除菌してもしなくても有意差はなかった。
診断されなかった人では、除菌に成功した人の発症率は0・62%と、
除菌しなかったか除菌に失敗した人の1・07%に比べ胃がんのリスク
が約40%減少した。
   (2007年10月4日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20071004-OYT8T00066.htm

ピロリ菌感染で胃がん発症…日本人はなりやすい型
胃がんの原因となるヘリコバクター・ピロリ菌に感染しても、胃がん
のなりやすさは遺伝子の型によって異なり、日本人の大半はなり
やすい型であることが、名古屋大大学院の浜島信之教授らの研究で
分かった。
同教授らは、ピロリ菌感染者が胃がんを発症する場合、胃粘膜の
萎(い)縮(しゆく)から胃がんへと段階的に進行することに着目。
感染者の日本人248人の遺伝子を調べ、委縮に移行した人
としていない人との違いを分析した。
その結果、「PTPN11」という遺伝子の一部の型が「GG」「GA」の人
は5〜6割の高率で胃粘膜委縮が起きており、「AA」の人では1割強
にしかみられなかった。
日本人の9割以上はGG型とGA型で、AA型は1割に満たず、
ピロリ菌感染から胃粘膜委縮に移行するリスクが高いことが示唆
された。
PTPN11の機能は分かっていないが、ピロリ菌に含まれる毒性の
強いタンパク質「CagA」との関連が示唆されている。
浜島教授は「遺伝子型の違いがCagAの働きに影響を与えている
のではないか。
いずれにせよ除菌はした方がいい」と話している。
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_10/t2007100140.html


ピロリ菌は胃癌の最大原因
http://naisikyou.com/iii/ca2.htm
(ピロリ菌は「煙草なみの発癌物質 )
ピロリ菌の臨床研究の現状
・・・・・・困難な臨床介入試験
http://naisikyou.com/iii/tikenn.htm
ヘリコバクター・ピロリ
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/ヘリコバクター・ピロリ?from=wikiclip
ピロリ菌
http://wellfrog.exblog.jp/7073379
c0129546_8232322.jpg

照沼 光治 舞雪
http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x24475047


<薬剤ニュース>
●バルトレックス錠500
水痘の適応が新たに加わりました。
「成人および体重40Kg以上の小児には1回1000mを1日3回
経口投与する。」
(帯状疱疹の場合と同じ投与量)
「成人の水痘の治療においては5〜7日間、小児の水痘の治療
においては5日間使用し、・・・」
(使用期間が成人と小児で異なります。)
●ダイドロネル錠200
重大な副作用の追加
顎骨壊死・顎骨骨髄炎(ビスフォネート系薬剤全般)
報告された症例の多くはビスホスフォネート系薬剤にて治療中
に抜歯などの歯科処置や局所感染に関連して発現しており
特に抜歯した場合にその部位付近で発生しています
ビスホスフォネート系薬剤には注射剤と経口内服剤があり 
顎骨壊死・顎骨骨髄炎は癌患者に投与される注射剤での報告
が多くを占めていますが まれに経口剤でも報告されていること
があります。
 顎骨壊死・顎骨骨髄炎のリスクとしてビスフォネート系薬剤
の投与の他にも下記の因子が考えられます
悪性腫瘍、化学療法、コルチコステロイド治療、放射線療法、
口腔の不衛生、歯科処置(特に抜歯)
<新聞広告より>
経鼻内視鏡の一面広告で内視鏡ビデオのサイトが紹介
されていました。
http://and-fujifilm.jp/stomach/index.html
当院でも導入を迷っているところです。
結構多い鼻咽頭の愁訴の患者さんに対して鼻咽頭ファイバー
的な応用が出来るのも魅力と思っています。
[PR]
by esnoopy | 2007-10-12 00:38 | 消化器科
<< 肺がんの原因遺伝子 肥満のままで糖尿病を改善へ >>