アルツハイマー病 3療法同時並行

運動・娯楽・人づきあい 3療法同時並行
        アルツハイマー病 予防・改善に効果
 
埼玉医科大学の森隆准教授らの国際チームは運動と娯楽、社会的なコミュニケーション
の組み合わせが、アルツハイマー病の予防や改善に大きな効果があることをマウスの
実験で突き止めた。
それぞれの療法を単独で実施するよりも同時並行で実施する方が原因物質が減少し
認知機能の回復が顕著に表れた。
アルツハイマー病には決定的な治療法がなく薬剤も限られる。
ゲームや音楽などを楽しむ娯楽療法で認知機能を刺激したり食事・運動習慣を改善
したりして、症状の進行を遅らせようと試みているのが現状。
研究チームはアルツハイマー病のマウスを4つのグループに分けた。
「一匹で飼う」「複数で飼う」「複数で飼い、運動させる」の3グループに対し、「複数で飼い、
おもちゃを与えて運動もさせる」グループのみ、脳内の原因タンパク質「アミロイドベーター」
が大幅に減少。
認知機能も回復した。
森准教授は「運動娯楽に加え、家族が一緒に食事することや外出を促すことを心がけるべき」と話している。
日経新聞 朝刊 2007.10.22 より

<コメント>
「決定的な治療法がなく薬剤も限られる」・・・新聞記者にかかると一刀両断です。
新聞の見出しを見た時、臨床研究と思いました。
マウスの実験で「娯楽」「人づきあい」と書かれていた時にはちょっとびっくりしました。
マウスでこの2つが分かるのかと。
1匹で飼うと運動量は少なくなります。
複数で飼えば当然運動量が増え、おもちゃも与えればさらに運動量が増える。結局
運動量と予防・改善効果をみているだけということにはならないのでしょうか。
さてマウスに与えたおもちゃとは?
そして社会的なコミュニケーションとは闘争なのか?恋愛なのか??協調なのか???
c0129546_7444180.jpg

油絵 平松譲 風景画 F10号
http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j7582272

<アルツハイマー関連サイトの紹介>
誕生近し!アルツハイマー薬
http://allabout.co.jp/family/care/closeup/CU20041231A/
アルツハイマー病に対して有効で安全性の高いDNAワクチンを開発
http://www.igakuken.or.jp/kenkyu-katudo/press/060620.html
アルツハイマー病ワクチンはパッチ剤形式が安全
http://health.yahoo.co.jp/news/detail?idx0=w14070202
アルツハイマーに朗報
アイルランドの製薬会社、世界初ワクチン開発
http://www.boxweb.co.jp/hospital/news/000712_arutu.html
(2000.7.12の新聞記事からです。)
アルツハイマー病に対するワクチン治療法の進歩
http://tsubasa.gr.jp/118.html
アルツハイマー病のおきるしくみと治療/現在と将来
http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/books/tihou_pdf/24.pdf
<コメント>
アルツハイマーの治療に関してはいろいろ話題があるようです。
7年以上も前からワクチンが開発されているようですが実用化はどうなっている
のでしょうか。
副作用の問題もいろいろあるようですが、何だか出ては消えるインスリンの注射
以外の投与法の話のようです。
今まで何度期待を裏切られたことか。
しばらくは塩酸ドネペジル(アリセプト)も安泰といったところでしょうか。

アルツハイマー病のワクチンについては後日また触れさせていただきます。


他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室  http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed
(循環器科関係の専門的な内容)

<追記>
週刊朝日11月2日号(p118〜124)に興味深い記事が掲載されていました。
(以下次号ということなので第二弾もあるようです。)
題して「お役人の超高収入アルバイト」
厚労省の医師の原稿料、講演料が生々しく数字入りで公表されています。
これから講演を聴く際の参考(?)にもなります。
[PR]
by esnoopy | 2007-10-24 00:42 | その他
<< メタボリックシンドロームと腹囲論争 軽度認知障害(MCI) >>