インパクトファクター

自宅で銀行のAさんと話をする機会がありました。
話は格付機関の話になりました。
ムーディーズやスタンダード&プアーズという格付け会社の名前は皆さんご存知のはずです。

行員Aさん「スタンダード&プアーズって標準と貧乏、つまり中流と極貧。考えてみると変な会社名ですよね。」
私「人名じゃないの? よく外国では二人の名前つけるから」
行員Aさん「でもプアーズって名前っていくらなんでもありですか?」
私「そりゃそうだけど。日本人の名前でそんな名前思いあたらないよね。ところで格付機関の格付けはどこでやってんの?」
行員Aさん「?!?!」

格付機関(格付会社)リンク集
carsensor.net/catalog/mitsuoka/
今では大学も格付けされる時代になっています。
中には怪しげな格付けもあります。

民間機関による大学格付け(ランキング)
http://homepage3.nifty.com/katu-kobayashi/doppo/rankingu_1.htm
大学格付け決定版
http://www.geocities.jp/daigakuranking/
米誌の大学「研究力」格付け、東大16位
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20060913ur03.htm

格差社会、格差会社、格差大学・・・・。

c0129546_814915.jpg

片山みやび リトグラフ 月の葉脈
http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t42104242


さてそんな話をしていて、医学雑誌の格差すなわち「格付け」に思い当たりました。
医学研究者にとっては生命線ともいえるインパクトファクターです。

Impact Factorとは1論文あたりの引用回数の平均値を計算したもので、その雑誌の影響力を表しています。インパクトファクターが高いほど、影響力の高い論文を収録していると言えます。雑誌の発行形態や発行の規模の違いに関わりなくその雑誌の影響力や重要度がわかります。2005年のインパクトファクターは次の計算式で算出されています。

1999年のインパクトファクター=(2003年と2004年にある雑誌に掲載された論文が1999年に引用された総被引用回数)/(2003年と2004年にある雑誌に掲載された論文総数)



インパクトファクターの計算式を見てわかるように、インパクトファクターは2年間という短期間のあいだに引用された回数で計算していますので、すばやく影響力を与えるような雑誌の方が値が高くなる傾向があり、長年にわたって少しずつ引用されるような雑誌は相対的に値が低くなります。
また、「インパクトファクターが指標として正しくない」と批判する人が指摘するのは、レビュー論文を多く載せている雑誌の方がインパクトファクターが高くなりやすいということです。たとえば、Annual Review ofシリーズはどの分野でも高いインパクトファクターになっていますし、レビューが多いCell系の雑誌もインパクトファクターが高くなっています。

最近では、教授選考の際にインパクトファクターの合計点でアシキリするようなケースもあるそうで、研究者にとっては好む好まざるとに関わらず、ついて回る指標になってきています。

インパクトファクターとは?
http://www.kenkyuu.net/biotech-01.html
(上の文章はこのサイトから引用させていただきました。)

インパクトファクター
http://www.thomsonscientific.jp/products/jcr/support/faq/
(質疑応答形式で書かれています。)
インパクトファクター
http://ja.wikipedia.org/wiki/インパクトファクター
(インパクトファクターの長所、誤解、批判が書かれています。)
インパクトファクター関連論文
http://www.thomsonscientific.jp/resources/if/
(8つのインパクトファクターに関する論文が紹介されています。これらの論文が掲載された専門誌にもインパクトファクターがつくわけです。)
<コメント>
こんなことを気にする時間があったら研究の時間に回す。
おっしゃる通りですが、教授がインパクトファクター至上主義で決まるとしたら教授を目指す人にとっては看過出来ないのがこのインパクトファクターです。
いろいろ問題も含んでいるだけに悩ましいですね。
c0129546_12372322.jpg

NEJMの広告に出ていたインパクトファクターです。

他にこんなブログもあります。
井蛙内科開業医/診療録 
http://wellfrog.exblog.jp/
葦の髄から循環器の世界をのぞく
http://blog.m3.com/reed/
[PR]
by esnoopy | 2007-10-27 00:43 | その他
<< 降圧療法中に発症する新規の糖尿病 ちょいデブが一番健康にいい? >>