がんの約2%、CTが原因


がんの約2%、CTが原因 医療被ばくで米チーム


放射線を利用するCTスキャンの使用頻度が米国で急増、将来のがん患者のうち
約2%をこれらのCT検査による被ばくが引き起こす恐れがあると、米コロンビア大
の研究チームが米医学誌に29日発表した。

CT検査の3分の1は医学的に不要との統計もあるとして、不必要な使用を避ける
よう警告している。

チームによると米国の医療現場でCTスキャンの使用回数は1980年の約300万回から
2006年には約6200万回へと急増。

断層画像を取得するのに何度もエックス線を照射するため、撮影1回当たり15―30
ミリシーベルトを被ばく。
一連の検査でこれを2、3回繰り返し、計30―90ミリシーベルト被ばくするという。

通常の胸部エックス線撮影では0.01―0.15ミリシーベルト、乳がん検診では3ミリ
シーベルトを被ばくするとされる。

チームは広島や長崎の原爆被爆者の疫学データと比較するなどした結果、現在のCT
検査による発がんリスクが将来、全米のがん患者の1.5―2.0%に達する
と推計した。

チームは「CT検査の利益とリスクを比較することが大切だが、不要不急の検査や、
放射線の影響を受けやすい子どもへの使用は控えるべき
だ」としている。

(記事提供:共同通信社)

http://www.carenet.com/news/det.php?nws_c=1434


c0129546_0104110.jpg

リャド   ジヴェルニーの睡蓮  シルク
http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s77449936?u=;artfolio11

<コメント>
この記事は地球環境問題に取り組んだ京都議定書を思い出させます。
以前読んだ文献で英国の医師に被爆量を論ずる単位は何だという質問に答えられた
臨床医はほとんどいなかったとのことです。
被爆量も知らずにCTをオーダーするのは患者サイドに立った場合、いい医師とは
決していえません。
他人事のように考えている環境問題。
医師も知らないうちに人体環境を侵しているのです。

CTの被爆については、2007.9.30のブログの最後の方に書かせていただきました。

専門医の期待に応える64列MDCTの高画質
http://blog.m3.com/reed/20070930

他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
[PR]
by esnoopy | 2007-12-05 00:04 | その他
<< BMI値と死因死亡率 乳癌検診とMRI >>