野菜と果物と少しの酒

野菜と果物と少しの酒でより健康な心臓に
〔スウェーデン・ストックホルム〕カロリンスカ研究所(ストックホルム)栄養疫学
のAgneta Akesson博士らは,スウェーデンの閉経後女性2万5,000人に
食習慣調査を実施し,全粒穀物・魚・豆と少量のアルコールとともに,野菜・
果物を毎日摂取する食習慣で心血管疾患の発症リスクが半減するとの知見
をArchives of Internal Medicine(2007; 167: 2122-2127)に発表
した。

心筋梗塞リスクが57%低下
食習慣と心血管疾患の関連が検討されるのは今に始まったことではなく,これ
までにも食事と心停止リスクの関連などが研究されてきた。
今回の研究は,あらかじめどのような食品を調査するのか決めずに,全体的
な食習慣を調査した点が斬新である。
この方法により,明らかに心血管疾患の低減に関連する 2 つの食事パターン
を同定できた。

Akesson博士は「第1のパターンは野菜と果物の多量摂取,第2のパターン
少量の飲酒が特徴的である。
1 日に摂取する目安は野菜4皿,果物2個,そしてグラス半分のワイン
である」と説明している。

全粒穀物,魚,豆を常に食べているか質問したところ,被験女性のほぼ3分の
1が食べていると答え,健康的な食習慣を維持していることがわかった。
さらに,この健康的な食習慣はそれらの食品摂取の少ない食習慣に比べ心筋
梗塞リスクが57%低下することが示された。

この健康的な食習慣を基本的質問項目としたうえで,健康的な体重の維持,
禁煙,定期的な運動(1日40分以上のウオーキングかサイクリング,週1時間
以上のより高い強度の運動)の有無について質問した。
その結果,これらすべてを行っていた女性は20人に 1 人で,その心筋梗塞
リスクは,喫煙し過体重,不健康な食習慣,運動習慣のない女性に比べ92%
も下回った


同博士は「すべての女性が今回の健康的食習慣群のような生活をするなら,
心筋梗塞の75%は予防できるだろう」とし,「わが国の公衆衛生を向上させる
にはスウェーデンの状況に基づくデータを導き出すことが重要である」と指摘
している。

今回の研究は,スウェーデンコホートの被験女性のうち,1914~48年に
ウプサラと近郊のベストマンランド郡で生まれた閉経後女性2万5,000例から
得られたデータに基づいている。
これらの女性は心筋梗塞発症リスクに関して97年から追跡されている。
今回の研究は健康な女性のデータをもとにしているため,健康的な食習慣を
持つ女性の割合が50歳以上のスウェーデン女性の間で予想される20%未満
という数値より高くなっている。

http://mtpro.medical-tribune.co.jp/article/view?perpage=1&order=1&page=0&id=M4105062&year=2008TOPICS
FROM EUROPE
出典 Medical Tribune2008.1.31
版権 メディカル・トリビューン社


<コメント>
なぜ閉経後女性だけが対象かという疑問は残ります。
そしてなんだか運動や禁煙の改善効果が一番大きいようにも思えました。
運動と食生活の両者のガチンコはどうなんでしょうか。

c0129546_837884.jpg

ジム・バックルス   「シュバル」 シルクスクリーン
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e77006919


他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
[PR]
by esnoopy | 2008-02-04 00:05 | その他
<< 魚,ω-3系油脂,果物,野菜と認知症 特定健診・保健指導制度 >>