予期せぬところに疾患リスク

米オハイオ州クリーブランド〕これまであまり想定されていなかったリスクが,最近いくつか報告された。

コンピュータからノロウイルス感染 
ノロウイルスは感染力が強く,米疾病管理センター(CDC)は,感染者が使用したコンピュータのキーボードやマウスから感染が拡大する恐れがあると Morbidity and Mortality Weekly Report(2008; 56: 1340-1343)に発表し,新たに注意を呼びかけている。

今回の警告は,ワシントンの小学校(教職員66人,児童314人)で発生した103例のノロウイルス感染の調査結果を受けたもの。CDCの疫学者Shua Chai博士によると,コンピュータのキーボードやマウスがノロウイルスの感染源になりうることを示した報告は今回が初めてという。

同博士は「コンピュータ使用後に手を洗うことが予防につながる。また,コンピュータのキーボードやマウスは希釈した漂白剤で定期的に消毒すべきである。ノロウイルス感染は,米国の感染性嘔吐下痢症のおもな原因であり,こうした予防措置が感染拡大の防止に役立つはずだ」と述べている。


脚の軽度外傷が血栓形成に関与 

ライデン大学(オランダ・ライデン)臨床疫学のKarlijn J. van Stralen博士らは,1999?2004年に静脈血栓症を発症した2,471例と,非患者群3,534例を比較した結果,患者群では血栓症発症前 3 か月間の軽度外傷の受傷率が11.7%(289例)であったのに対し,非患者群の同時期の受傷率は4.4%(154例)であったと Archives of Internal Medicine(2008; 168: 21-26)に発表した。

同博士は「手術やギプス包帯,長期の就床安静の必要がない軽度外傷により,血栓症の相対リスクは 3 倍に増加した。
相関は血栓症発症 4 週間前の受傷で最も強く,10週間前の受傷では顕著でなかったため,一過性の影響であることが示唆された。
また,血栓症の遺伝的リスクを保有していた患者では,さらに相関が強かった」と述べている。

さらに,「血栓症を発症した患者は,おそらく最初に家庭医を受診したと思われる。
したがって,家庭医が静脈血栓症発症リスクの高い患者を同定し,予防的措置を講じられるようにすることが重要な課題である」と指摘している。


水分大量摂取で低Na血症に 
マラソン競技中には多くの水分を補給し,体内の水分を維持する必要があることは,ほとんどのランナーが知っている。
しかし,水分の過剰摂取に重大な危険が潜んでいることは,おそらくあまり知られていない。これに関してメソジスト病院(テキサス州ヒューストン)内科のJames Muntz部長らは「水分を大量摂取するランナーに見られる低ナトリウム(Na)血症は,緊急治療を行わないと死亡するケースもある。
高血圧でない限り,大量の水ではなく塩分を多く含むスポーツドリンクを摂取すべきである」と忠告している。

同部長によると,ボストンマラソン参加者を対象とした最近の研究で,完走者の13%が低Na血症を呈していた。ランナーが悪心や脱力を感じている場合,大量の水分補給を続けると,こうした症状が悪化する場合もある。


ホルモン含有補助食品に前立腺がん進行リスク 
テキサス大学サウスウェスタン校(UTS,テキサス州ダラス)泌尿器科学のClaus Roehrborn主任教授らとベイラー医科大学(テキサス州ヒューストン)の研究者らは医師に「前立腺がん患者に対するホルモン製剤を含む栄養補助食品の使用は前立腺がんの進行を加速させ,抗がん治療の有効性を低下させる恐れがあることを警告すべきである」と Clinical Cancer Research(2008; 14: 607-611)に発表した。

このような栄養補助食品には,実際には含まれていない成分が容器ラベルに表示されていたり,抗がん治療に悪影響を及ぼす成分が含まれている場合もあった。

今回の研究では,テストステロンとエストラジオールを含有する栄養補助食品の摂取で,ヒト前立腺がん細胞の増殖が促進されることがわかった。
処方薬と異なり,こうした栄養補助食品に対する監視は不十分であるため,同教授らは米食品医薬品局(FDA)に改善要求を提出。
これにより,メーカーへの警告と当該製品の市場からの回収が行われた。

筆頭研究者でUTSのShahrokh Shariat博士は「米国の現行法では,栄養補助食品に流布されているような薬理学的効果が実際にあるのか,製品のラベルが消費者に正確な情報を提供しているかに関する監視や確認をほとんど行っていない」と指摘している。

米国では,成人の42?69%がなんらかの栄養補助食品を摂取していると推算されている。

http://mtpro.medical-tribune.co.jp/article/view?perpage=1&order=1&page=0&id=M4110542&year=2008

[PR]
by esnoopy | 2008-03-13 01:35 | その他
<< ウエスト周囲径「偏重」は疑問 糖尿病と心血管疾患 >>