糖尿病治療の相違

「日本内科学会総会2008. 4. 17」の記事で勉強しました。

専門性や経験年数で糖尿病治療はこんなに違う
2型糖尿病の治療では、患者特性とは独立して、医師によって処方内容に違いがあるといわれている。薬物治療を受けている2型糖尿病患者と医師を対象に行った調査の結果、糖尿病の非専門医で経験年数が長いほど、1患者当たりのスルホニル尿素薬(SU薬)の投与量が多く、インスリン治療の導入割合が低いことが分かった。川崎市立川崎病院糖尿病内分泌内科の津村和大氏が、第105回日本内科学会総会で発表した。

調査対象は、同院で2007年4月~7月の間に経口血糖降下薬またはインスリン製剤を処方された全糖尿病患者2597人(年齢64.2±13.1歳、BMIは24.7±4.6、調査時のHbA1c値平均6.8±1.2)と、糖尿病患者を管理している医師32人(糖尿病外来を担当する専門医3人、非専門医29人)。

対象患者のうち、SU薬を処方されている患者の割合は54.3%。α-GI薬は43.5%、メトホルミンは29.9%、インスリンは27.7%、チアゾリジン薬は12.4%、グリニド薬は6.4%だった。

各種経口血糖降下薬とインスリンの投与状況(投与の有無、投与量)に関して、患者の特性(年齢、性別、BMI、合併症、HbA1c値、栄養指導受講歴の有無、腎機能障害の程度など)と、処方する医師の特性(経験年数、専門分野など)の両面から解析し、分析した。

ステップワイズ線形重回帰分析(有意確率5%)により、有意な関係があったものについて考察した。

その結果、患者特性とは独立して、医師の専門が糖尿病以外で、経験年数が長い方が、患者1人当たりのSU薬の投与量が多く、インスリン治療を導入している割合が低かった。

また、メトホルミンの処方状況(投与割合と投与量)について、比較的使用が促進されると思われるBMI25以上を対象に検討したところ、特に用量において、医師が糖尿病の専門性を持つことと経験年数が浅いことが関連していた。「肥満患者に高用量のメトホルミンを積極的に処方するのは、若い医師か糖尿病の専門性を有する医師だった」(津村氏)。

チアゾリジン薬については、糖尿病の専門性を持つ医師で使用頻度が高かったものの、用量には有意な差が見られなかった。

津村氏は、「現在、DPCデータによる診療プロセスのベンチマーキングが行われているが、一見同一疾患でも個々の患者特性を勘案するため、単純な治療内容の比較検討が難しいという問題点がある」と指摘する。そういった観点から「今回の調査では、糖尿病患者の特性とは独立して、医師個人の専門領域や経験年数によって投薬傾向が見られた。あくまで治療プロセスを検討したもので、治療内容の良し悪しなどのアウトカムの評価はこれからの課題だが、今後、糖尿病治療の均てん化のために有用なデータだと考える」(津村氏)と語っている。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/200804/506160.html
c0129546_8302811.jpg

東山魁夷 「行く春」
http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t70648408


<番外編>
名ばかり管理職と是正勧告 滋賀県立病院に労基署 「医師不足が要因」
出典 共同通信社2008.4.23

滋賀県守山市の県立成人病センター(河野幸裕(こうの・ゆきひろ)病院長)で、管理職の医師が、権限がないのに残業代が支払われない「名ばかり管理職」の状態に置かれているとして、大津労働基準監督署が労働基準法に基づく是正勧告をしていたことが23日、分かった。

名ばかり管理職をめぐっては、未払い残業代の支払いを求める訴訟や労働審判が相次いでいる。公立病院にも同様の問題があることが明らかになったが、センターを運営する県病院事業庁関係者は「医師不足が要因となっている」と説明している。

大津労基署は内部告発を受け、今月11日、センターに立ち入り調査。同事業庁から事情を聴き、勤務日誌など関係書類を調べた。

この結果、部長以上の管理職の医師で、勤務終了後5?6時間の残業が常態化。月数回の夜間当直では、夜間診療や急患対応に追われ、当直が明けても深夜まで連続勤務する場合も多かったが残業代は支払われていなかった。

さらに一般の医師も同様の勤務状態にあったが、1日8時間の法定労働時間を超える残業をさせる場合、労使協定を結んで労基署に届け出なければならないとの労働基準法の規定も守られていなかった。

同事業庁の谷口日出夫(たにぐち・ひでお)庁長は「勧告を受けたのは誠に遺憾。今後、専門家を交えて協議し早急に対応したい」と話している。

http://www.m3.com/news/news.jsp?pageFrom=m3.com&sourceType=GENERAL&articleId=71765&articleLang=ja
<コメント>
この新聞記事の内容が一事が万事。
医師に時間外手当をきちんとつけさせれば多くの病院は潰れます。
今の医療は医師の、なかばボランティア(時間外無給労働)によって成り立っているのです。
そこんとこ厚労省の方お役人、わかっていますか?

包括医療ならぬ包括給与?
こんなこと労働基準局が認めるわけがありません。
内部告発で告発された病院は一発退場。
すべての病院が日本からなくなります。
まともに医師に給料が払える診療報酬額ではないからです。

日本の医療はこんなきわどい状態なのです。
医療崩壊の音が聞こえます。
[PR]
by esnoopy | 2008-04-24 00:05 | 糖尿病
<< PERISCOPE試験 アルツハイマー病 (世界の権威... >>