カテゴリ:高尿酸血症( 4 )

胆石とNASH,Mets

胆石は非アルコール性脂肪肝炎とメタボリックシンドロームに関連
〔米ルイジアナ州ニューオーリンズ〕
アジア消化器病学研究所(インド・ハイデラバード)病理学顧問医師のAnurada Sekaran博士らは,症候性胆石症患者は非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の有病率が高く、メタボリックシンドロームと有意な関連がられるとする前向き研究の結果を、米国臨床病理学会(ASCP)年次集会で報告した。

胆嚢切除術中に肝生検を実施
NASHは非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)がさらに進展した疾患であり、肝細胞障害と線維化に関連している。
症候性胆石はしばしば肥満、高卜リグリセライド血症、インスリン抵抗性、2型糖尿病と関連しており、それらがNASHと関連することもある。
メタボリックシンドロームは、ウエスト周囲径の増加、高トリグリセライド血症、高コレステロール血症、高血圧、高血糖の基準のうち3点を有するものと定義されている。

Sckaran博士らは、腹腔鏡下胆嚢切除術を行った症候性胆石症患者88例を対象に、NASHとメタボリックシンドロームの有病率を評価した。
また、2006~07年に実施された胆嚢除術中に同時に肝生検を行った。
なお、術後合併症は見られなかった。

多量の飲酒、ウイルス陽性のB型・C型肝炎、自己免疫疾患とウィルソン病の患者は除外した。

NASH患者とNASHでない患者で、人口的特徴、身体的数値、肝機能検査、脂質プロフィール、超音波所見を比較した。
NASH診断後、肝生検所見を修正Brunt線維化スコアにより評価し、NAFLD Activity Score(NAS)を用いて脂肪化、すなわち脂肪変性、小葉性肝炎、バルーニングを評価した。

単変量解析の結果、生検時NASH患者では、脂肪化(P<0.0001)、肝細胞性のバルーニング(P<0.0001)、小葉性肝炎(P=0.0128)、繊維化((P<0.0001)との有意な関連が認められない。
また、多変量解析ロジスティック回帰分析の結果、脂肪化(P=0.027)、肝細胞性のバルーニング(P=0.16)、小葉性肝炎(P=0.002)でNASHとの関連が示された。

NASH患者はNASHでない患者に比べて糖尿病の有病率が高く(31.8%対17.9%)、血清コレステロール値が高く(53%対33.1%)、血清トリグリセライド値も高かった(29.4%対18.5%)ことから,NASHはメタボリックシンドロームと関連することが示唆された。
症候性胆石症患者はNASHの有病率も高かった。
同博士らは、NASHを早期診断すれば、患者がライフスタイルを改善し、同疾患の進行を予防する動機付けになる可能性があると結論付けた。

また同博士らは、腹腔鏡下胆嚢切除術中に肝生検を安全に行え、さらに組織学的評価が肝硬変の早期診断に役立つとしている。
同博士は「NASHを早期診断すれば、これらの患者を追跡し、肝硬変に進展するか否かを観察することが可能となる。
つまり、ライフスタイルを修正してNASHのさらなる進展を予防することができる」と付け加えた。
   (Copyright 2007 Doctors Guide.com)
Medical Tribune 2007.12.20
版権 (株)メディカル トリビューン


<コメント>
医学生の頃、胆石症の診断の糸口として「4S」を習った記憶があります。
その中の一つがFattyですから、NASHやMetsとの関連は首肯するところです。

文中に「症候性胆石はしばしば肥満、高卜リグリセライド血症、インスリン抵抗性、2型糖尿病と関連」と出てきます。

ここでどうして「症候性」なのかという点はよくわかりませんでした。
Metsの概念は、欧米ではどの程度の取り扱いなのでしょうか。
日本ほどではないように思うのですが、その点も興味のあるところです。

他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
[PR]
by esnoopy | 2007-12-26 00:10 | 高尿酸血症

血清尿酸値の軽度上昇が脳の白質病変の増加と関連

<要旨>
血清尿酸値が正常範囲内でも高めであると、小さな無症候性脳虚血があったことを示す
白質病変(WMH)の量が多い。

●尿酸には抗酸化作用があるが、高値の場合は脳卒中など心血管疾患のリスクと関連する。
●高齢者では血清尿酸値が正常値であっても高めであると、軽度の認知機能障害のリスク
上昇と関連があるとされている。
●20〜92歳の177人を対象に、血清尿酸値と頭部MRIのT2強調画像で高信号域として描出されるWHM の量との関連を検討した。
●血清尿酸値が正常範囲内で低め〜中程度の群と比べ、正常範囲内高値の群はWHM量
が最も多い四分位に入る傾向が強かった。
●60歳以上で血清尿酸値が正常範囲内高値の群はWHM量が4〜5倍も多かった。
<結論>
高齢者において血清尿酸値の軽度上昇が脳の治療あるいは予防のために、抗高尿酸血症
薬の臨床試験が必要かも知れない。

Schretlen DJ,et al. Neurology 2007;69:1418-1423
(ジョンス・ホプキンス大学のグループ)
Medical Tribune 2007.10.18で紹介

c0129546_1049683.jpg

光風会会員 樋口善一 バラ 油彩画8号 http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k50454487



高めの尿酸値は脳機能の低下につながるミニ脳卒中が増加
http://www.rda.co.jp/topics/topics3094.html
見過ごされやすい 『 ミニ脳卒中 』 に注意!!
-- 新しいリスク予測スコアの提案 --
http://www.rda.co.jp/topics/topics2377.html
ミニ脳卒中 (TIA) の迅速な治療が、脳卒中の 8 割を防ぐ
http://www.rda.co.jp/topics/topics3115.html
(はたしてミニ脳卒中という概念が学問的に確立されて存在するのでしょうか?
ミニ脳卒中 =TIAというのもいささか乱暴のようですが。)
なぜ、痛風から脳梗塞に?
http://www.asahi.co.jp/hospital/shinsatsu/040608.html(たけしの番組でも尿酸と脳梗塞の関係について紹介しています。)
<コメント>
高尿酸血症は、トッピックスの多い循環器領域においてはいわば日陰の身でした。
中性脂肪やアルドステロンが最近脚光を浴びつつありますが、「尿酸よ、お前もか」といった
感じです。

[PR]
by esnoopy | 2007-10-22 00:58 | 高尿酸血症

高尿酸血症の患者が来院した時

「健診の結果で尿酸が少しだけ高いといわれたんですけど?」
こんな患者さんが健診の結果票を持って来院されたら先生はどう対処されますか?
痛風の既往がなく他の検査項目でも異常なく体重も標準の場合。
私なんかほんとに困ってしまいます。
ビールを飲む男性なら低プリンの発泡酒を紹介するという逃げ道もあるのですが。

二次性高尿酸血症
http://wellfrog.exblog.jp/6660785/

血清尿酸値は慢性腎臓病の危険因子
●虎の門病院健康管理センターの辻医長、原部長らは、人間ドック受診者7万1,632例のデータから、尿酸CKD発症の独立した危険因子であり、血清尿酸値(UA)が7.1mg/dL以上群では5.1mg/dL未満群に比べCKDの発症リスクが1.59倍有意に増加することを発表した。
●Modification of Dietin Renal Disease(MDRD)簡易式による推算し球体濾過量(eGFR)と年齢および各種検査値との相関を検討。
●男女ともUAは血清クレアチニン、年齢、血清尿素窒素(SUN)に次いでeGFRと強く相関し、特に女性ではSUNに匹敵する強い相関を示した。
●UAの値により4群に分けた場合、UA値が低い群より高い群が順にCKDの発症リスクは有意に増加した。
結論:
UAは年齢、血圧、SUNなどとともに、CKD発症の独立した危険因子であった。
c0129546_7591087.jpg

出典
Medical Tribune 2007.10.11

簡易MDRD式
http://www7a.biglobe.ne.jp/~aijinkyo/ccr.htm
要旨
●正常高値の血清中尿酸値は高齢者における軽度認知障害のバイオマーカーであると思われる。
●軽度の尿酸値上昇がみられる高齢者において尿酸低下薬により虚血性脳疾患が減少したり、認知機能を改善したりすることができるかどうかについて検討する価値がある。
<コメント>
尿酸値の上昇が、腎機能低下に伴う尿酸の腎排泄低下(尿酸クリアランスの低下)によるとしたら、原因なのか結果なのかということになるような気もします。
尿酸クリアランスは検討してあるのでしょうか?

痛風クリアランス検査
https://ssl12.secureserver.jp/~higasigu/100/clearance02.htm
窒素・腎機能・痛風関連
http://www8.ocn.ne.jp/~snkulab/09sub.html

尿酸は強力な抗酸化物質
尿酸は、かつては代謝的に不活性なプリンの最終産物であると考えられていたが、現在では強力な抗酸化物質と認識されており、その血漿中濃度はビタミンC、E等の他の抗酸化物質の約10倍であると著者らは指摘している。
一部の研究では、尿酸には神経保護作用があり、アルツハイマー病等の神経学的疾患のリスクを低下させる可能性があることが示唆されている。
ハーバード大学公衆衛生学部の研究者らによる最近の研究では、高尿酸値とパーキンソン病(PD)リスク低下との間に関連が認められた。
この知見は究極的にPDの進行遅延に関係がある知見であるかもしれない(Weisskopf MG et al. Am J Epidemiol. 2007;166:561-567)。
 中略
一方で、尿酸値上昇は軽度であっても、軽度認知障害だけでなく、高血圧症、2型糖尿病、脳卒中、致命的心血管系イベントに関連がある。

ischemic burdenの増大と高尿酸値が関連
http://www.m3.com/news/news.jsp?pageFrom=m3.com&sourceType=SPECIALTY&articleId=57406&articleLang=ja
<コメント>
結局、尿酸が少し高めなのはいいことなのか悪いことなのか?
今までも尿酸については数多く語られて来ました。
高尿酸血症の方はどちらかというと肥満の方が多く、メタボリックシンドロームを介した間接的なリスクファクターと私自身は考えていました。
脂質異常症における中性脂肪にあたるとイメージすればわかりやすいか知れません。
いずれも脇役です。
上記の報告のように、尿酸が直接的にCKD発症の誘因となったり、逆に抗酸化作用、神経保護作用といった良い面があるということなら、臨床医としては、生命予後に関していいものか悪いものか(積極的に治療といった介入が必要か)どうかを早く結論づけていただきたいものです。

c0129546_7435155.jpg

パブロピカソ(Pablo PICASSO)リトグラフ 花図
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w13688145

他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室  http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed
(循環器科関係の専門的な内容)

[PR]
by ESNOOPY | 2007-10-15 00:27 | 高尿酸血症

二次性高尿酸血症

昨今CKD(慢性腎臓病)が話題になっています。
注意して腎機能をみている先生方も多いことと思います。

通院中の多くの方は何らかの薬剤を服用中の方です。
投与薬剤による医原病的な腎障害誘発は厳に慎まなければならないところです。

高尿酸血症に対して、年余にわたりアロプリノールやベンズブロマロンなどを投与し続けている患者でじわじわと腎機能が悪くなってくる症例にしばしば遭遇します。
何年も腎機能に問題がない場合にもあるわけですから、あながちこれらの薬剤が原因とは言えないと思います。
もちろん尿酸排泄促進薬であるベンズブロマロンは腎機能悪化時点で中止すべきと思います。
しかし尿酸生成抑制薬のベンズブロマロンも中止したほうがいいか、という疑問があります。

医者になりたてのころ、腎臓病専門の先輩医師に、「腎不全の一番いい治療は何だと思うかね?」と訊かれました。
答えに窮していたら、にやりとして「それは今出している薬を止めることだよ」という言葉が返ってきました。
不幸にも、諸先輩から素晴らしいお言葉をいただいたことは、数多くはありませんが、この言葉は今でも忘れられません。


ベンズブロマロン
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se39/se3949002.html
http://3.csx.jp/kenta_k/drugs/024yurinomu.html

アロプリノール
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se39/se3943001.html
http://health.nifty.com/cs/catalog/idai_qa/catalog_050524000107_1.htm


専門医が痛風になって(痛風の面からの体験談です。腎臓との関連は触れられていません)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/tsuufuu/tsuufuu-shiminn-koukaikouza/tsuufuu-shiminn-koukaikouza.html


尿酸と循環器病
http://www.gik.gr.jp/~skj/hu/ua.php3
高尿酸血症・痛風に高血圧が合併する場合のリスクについて
http://zyloric.jp/gout/custom01/chapt/custom01_02.html
高尿酸血症・痛風診療のPit-fall(なかなかよいサイトです)
http://zyloric.jp/gout/cont01/cont01_index.html


腎臓内科/腎不全
Q1 腎不全に伴う高尿酸血症(二次性高尿酸血症)は積極的に薬物療法を行うべきか?

腎障害を合併する痛風・高尿酸血症の治療は、どう行えばよいのでしょうか。
http://zyloric.jp/gout/cont03/qa/cont03_q11.html

以下は上記サイトからの抜粋です。

腎障害に伴って起きてきた二次性高尿酸血症の治療をどうするかに関しては、現在のところ、まだ意見の一致がありません。痛風発作を起こす頻度は低いとされ、また腎障害をさらに悪化させるかどうかにも賛否両論があります。しかし著しい尿酸産生過剰がある、痛風発作の既往がある、または尿酸値が10mg/dL以上などの場合は、アロプリノールによる治療を行うのがよいと考えられています。

一般の方のブログは別にあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy/
[PR]
by esnoopy | 2007-08-09 02:00 | 高尿酸血症