「ほっ」と。キャンペーン

CRA症候群

某製薬メーカーのMRが雑誌の別刷を持って来ました。「CRA症候群を考える」という特集でしたが、恥ずかしながらその時初めて聞いた疾患概念でした。
以下CRA症候群の概念を紹介させていただきます。


心・腎・貧血? 三者のかかわりCRA症候群とは,
CRA症候群とは,cardio-renal anemia(syndrome)の略で,イスラエルのSilverberg博士が2003年に最初に使った言葉です。もちろんそれ以前から心不全の患者に貧血の合併率が高いことはわかっていました。腎機能と心疾患の関係では,腎機能が悪くなるにつれて心疾患イベントが増えるという関係にあり,逆に心疾患からみると,CHF(congestive heart failure,心不全)ではかなり高率にCKD(chronic kidney disease,慢性腎臓病)の合併が見られます。そしてそこに貧血の合併があれば,心不全の患者の死亡率は明らかに高くなります。このことは血中ヘモグロビン(Hb)濃度の動向とよく一致しており,病態との関係が非常に高い再現性をもって観察されるところから,心疾患患者に貧血が伴うのはよくないのだということが分かります。このことはSilverbergらの調査でも明らかで,貧血,CHF,CKDのいずれもないような人と比較すると,貧血がある場合では2年死亡率は倍になりますし,貧血+CKDでは4倍以上です。また,CKDと貧血の合併でも4倍,さらに貧血・CHF・CKDの3つが全部そろうと,6倍にはね上がるというデータも報告されています。
https://www.iyaku-j.com/MDJOURNA/iyaku/doc/2006-09/129.htm

<コメント>
最近CKD(慢性腎臓病)が疾病概念として注目されています。考えてみると医学生の頃はもちろん、少し前までにはなかった概念が出て来て、今までが何だったんだろうと思うことがあります。
メタボリックシンドローム、逆流性食道炎(GERD、NERD)、過活動膀胱、慢性腎臓病(CKD)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などなど。
従来の概念のどれに相当するものかを振り返ってみることも大切かもしれません。ガイドラインも次々に改訂されることを医学が進歩しているとみるか、ただのカオス状態とみるのか。考え方の別れるところです。
特に体格の個人差も考慮にいれずに、はじめに腹囲(必要条件)の数字ありきのメタボリックシンドロームの定義には疑義を感じる方も多いのではないでしょうか。
ピロリ菌のような画期的(エクサイティング)な医学的発見は意外と少ないのかも知れません。この発見を契機として変節(?)した胃潰瘍の学者は数多くいましたが。

CKD診療ガイド公開について
http://www.jsn.or.jp/jsn_new/news/CKDopen.html

慢性腎臓病(CKD)対策
http://www.med.or.jp/nichinews/n180720o.html

CKD診療ガイド 日本腎臓学会編
http://www.jsn.or.jp/jsn_new/news/CKD-web.pdf

メタボリックシンドローム・ネット(メタボリックシンドロー撲滅委員会)
( 医学会、行政、産業界そしてメディアグループが一体となり発足した、メタボリックシンドローム撲滅委員会が提供 )
http://metabolic-syndrome.net/
医学会、行政、産業界そしてメディアグループが一体
                  ある意味でのすごさを感じます。

Metabolic Syndrome
http://www.americanheart.org/presenter.jhtml?identifier=4756


一般の方のブログは別にあります。
ふくろう医者の診察室 
http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy/
[PR]
# by esnoopy | 2007-08-07 02:00

セララ発売・その他

ファイザー、心臓保護作用ある降圧剤・合併症患者向けに今秋発売
米系ファイザーは2日、高血圧症治療薬「セララ錠」の製造販売承認を7月31日に取得したと発表した。血圧を高める特殊なホルモンの働きを妨げる。

心臓を保護する副次的な作用もあるため、心筋梗塞(こうそく)を起こしたことがあったり、心不全を合併していたりする高血圧症患者の治療に適しているという。今秋に発売する。

セララ錠は主に腎臓にある特定の受容体(たんぱく質)に結び付いて、受容体が「アルドステロン」と呼ぶホルモンと結合するのを妨げる。このホルモンは血圧を高める作用があるため薬の服用で血圧を下げられる。

[2007年8月3日/日経産業新聞]

http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2007080208784h1

<コメント>
またまたゼチーアに続く循環器領域におけるピカ新の薬剤の登場です。




厚労省、薬の処方せん書式変更・後発薬を標準に
 厚生労働省は新薬と成分は同じだが価格が安い後発医薬品の普及を目指し、2008年春にも薬の処方せん書式を変更する方針を固めた。割安な後発薬の処方を前提とした書式にする。後発薬を普及させることで、膨張する医療費を抑える考えだ。今秋にも中央社会保険医療協議会(中医協)で本格的な検討を始め、 08年春の診療報酬改定の際に導入を目指す。

 現行の書式は、新薬の処方が前提になっている。薬の処方は医師が決めるが、後発薬を選ぶ場合には「後発薬への変更可」という項目に医師が署名する形式だ。

http://health.nikkei.co.jp/news/top/

<コメント>
医療機関を院外処方に誘導して屋根に登らせて梯子をはずす。
厚労省のやりそうなことです。
こんなこともあろうかと思って当院は院内処方を頑なに貫いて来ました。
新名称はややこしくて面倒くさいので旧名になりますが、旧国立大学、国立病院に相当する医療機関の後発医薬品の処方率を是非とも公表して欲しいものです。
まさに 「先ず隗より始めよ」 です。


「屋に上げて梯を抽す(おくにあげて、はしごをはずす)」
楚の項羽が秦に包囲された同盟軍を救出に向かった時の事。項羽は黄河を渡るや、船 を沈め、三日分だけを残して食糧を捨て、兵舎の天幕を焼いた。そして3日で秦軍を破る事ができなければ、死ぬしかないと兵士達に宣言をした。
兵士達は決死の覚悟で挑み、秦軍を蹴散らしたのである。
この策の意味は、2階に上げて梯子を外すという意味で、相手や味方を引くに引けない状態に追い込む策です。
敵に対しては餌を撒いて誘き寄せ、罠にはめる策になり、味方に対しては例文のように 「背水の陣」にて決死の覚悟を決めさせる策になります。

http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hyouhou36.html

しかし、今回の場合にはどう考えてもいい意味には解釈できませんね。


非弁膜症性心房細動における一次脳卒中予防には抗血小板療法より経口抗凝固剤の方が優れている 『Cochrane Database of Systematic Reviews』7月18日号

http://www.m3.com/news/news.jsp?pageFrom=m3.com&sourceType=SPECIALTY&articleId=51690&articleLang=ja

<コメント>
目新しい内容ではないと思いますが、いっそ併用して使ってみたらどうなるのだろうかと思ってしまいます。
しかし、いいデータはなかなかないようですね。
白色血栓、赤色血栓といった概念はわかるのですが、はたしてクリアカットに言えることでしょうか(混合血栓?)。
私自身もそうですが、併用してみえる先生は結構多いんじゃないかと思います。
エビデンスはどうでしょうか?

http://intmed.exblog.jp/5889048

非弁膜症性心房細動(NVAf)の定義は何でしょうか。弁膜症とは非なるものということでいえば孤立性心房細動(lone Af)も含まれることになってしまいます。

最近、心房細動をAFと表現した研究会の発表を目にします。これはaf、少なくともAfと表現するものと思っていましたがどうなんでしょうか?


循環器科/抗凝固剤 
Q1  抗凝固剤と抗血小板剤の併用は症例を選べば可か?
    またそれはどのような症例か?
[PR]
# by esnoopy | 2007-08-06 02:00 | 循環器科

井蛙診療録/日曜版 2007.8.5

日本人の平均寿命、さらに上昇

平成18年の日本人の平均寿命が、男女ともに前年よりも上昇し、過去最高になりました。新着の日本医事新報(4345 2007.8..4)に興味深いことが書かれていました。それは、ある年齢の人が将来どの死因で死亡するかを表した「死因別死亡確率」です。65、75、90歳で比較すると悪性新生物による死亡が29.37%, 25.81%, 15.0%と減っているのです。もちろん心疾患、脳血管疾患、肺炎が増えているためとの見解もなりたちます。その中でも、とくに肺炎の増加が目立つことからしても、まだまだ長寿への対策は打てそうです。


ちなみに女性1位日本、2位香港、3位スペイン、スイス そして男性1位アイスランド、2位日本、3位香港。男性1位アイスランドはEPA製剤を発売している某製薬メーカーが泣いて喜びそうです。
医療レベルと関係しているのか、国情なのか。前者とも思えないのですが。難しいことと思いますが、食生活を含めた疫学的な解析も出来るといいと思うのは私だけでしょうか。
       


自民惨敗、日医連推薦の武見敬三氏落選

同じく日本医事新報(4345 2007.8..4)からです。
「日医連は昨年8月の執行委員会で、異例の採決で武見氏推薦を決定。昨年4月の日医会長選挙に介入したとして武見氏推薦に反対する近畿6府県医連は採決前に退席。一部の県医連は最後まで医師の白見庄三郎前衆議院議員(国民新答新党)を推した。
さらに今年1月には茨城県居医連が日医連の機関決定に反して、武見氏とともに白見氏を推薦する方針を決めるなど、日医連は厳しい選挙戦を強いられた。」

「武見氏の票が伸びなかった背景には、小泉内閣時代に診療報酬引き下げを繰り返した自民党への日医会員の反発もあったとみられる。」
 
驚いたことに医家当選者が5人もいることです。内訳は自民党1、民主党1国民新党1、公明党1、無所属1。
日本薬剤師連盟、日本看護連盟推薦も各落選、日本歯科医師連盟推薦は当選。ちなみに日本医師会会員は平成17年12月1日現在162,812人。武見氏の得票数は186,616票。日本歯科医師会会員は平成19年6月30日現在65,329人だそうです。

参考
http://www.med.or.jp/jma/gaiyou/mem17.html

当医師会支部では、あいも変わらず医師会と医師連盟とのけじめをつけない選挙活動が行われていました。
皆様の地域はいかがだったでしょうか?
http://ww3.tiki.ne.jp/~jmaruya/nihon.html



新発売ゼチーア シリーズ1
昨日、新発売記念学術講演会に出席しました。私自身この新薬には興味を持っているので、しばらく書かせていただきます。
● 昨日、添付文書にフィブラート系薬剤との併用に関して有効性、安全性が十分に確立されていないと書きました。昨日のある演者は全く問題ないといいきっていました。しかし保険請求上の問題もあるので、両者併用の際にはMRにきちんと聞かれることをおすすめします。 添付文書には胆石合併の可能性が記載されています。
●循環器領域はもちろん消化器領域の実地医家の先生が出席されていたのは驚きでした。3題の演題の一つが、「メタボリックシンドロームの肝病変ーNASHの診断と治療」。非アルコール性脂肪肝(NAFLD),非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の治療薬として期待されるという内容は、メタボリックシンドロームに肝臓が大きな意義をもっているといわれている昨今、興味深く聞きました。
参考 
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/medicine/nash_nafld/html/nash.html
http://www.jsge.or.jp/citizen/kouza/2004/41kyusyu.html
http://matu5077.blog97.fc2.com/blog-entry-92.html

日曜日は日曜版としてコーヒーブレイク的な内容も織り込んでいきたいと思っています。ご意見お待ちしています。
[PR]
# by esnoopy | 2007-08-05 09:47

新薬ゼチーア登場

初めての小腸コレステロ-ルトランスポーター阻害剤としてエゼチチミブ(商品名ゼチーア、シェリング・プラウとバイエル薬品)が発売されました。
    http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0158202_01.pdf

今日届いたMedical Tribuneからの抜粋です。
●コレステロール合成系を阻害しても代償性に吸収系が亢進して十分なコレステロール低下作用が得られなくなる。
●糖尿病患者ではコレステロール吸収を亢進する蛋白の発現が亢進している。
●LDL-CとTGを十分に下げることが、微量アルブミン尿の陰性化に寄与する。
     Medical Tribune 40(31) 2007年8月2日号

 以上、掲載された座談会での内容の一部です。数多くあるコレステロール低下剤の中でのゼチーアの位置づけといったところです。今後、副作用がどのくらい報告されるかは興味のあるところですが、ピカ新の薬剤として期待したいと思います。
 実は今夕、新発売記念講演に出席の予定です。



<私見>
●スタチン処方による筋肉症状はよく経験するところです。そのような患者さんのゼチーアへの変更が考えられます。
●フィブラート系薬剤と違ってスタチン系薬剤と併用ができ、相乗効果も出来そうです。
●フィブラート系薬剤との併用については、有効性や安全性が十分に確認されていないようです。
●2007年6月発売(?)のためしばらく長期投与ができない。
●うっかり高脂血症と病名をつけるとレセではねられる。
●1日1回食後という用法の記載のため、いつ服用させてもいい。かえって指定してもらったほうが処方しやすい。
●小さくてユニークな剤型です。
●高薬価です。
      ゼチーア 10mg  250.9円
  
参考 
      メバロチン10mg  131.4円
      リピトール10mg  146.3円
      リバロ   2mg  156.3円
      クレストール2.5mg   87.3 円




最近、尿管結石の患者さんがやたら当院を受診されます。
医学生の時、たしか「結石波」というような名前で、当たり年や当り月があると講義でならった覚えがあります。夏に結石が多いということなら何となくわかる気もするんですが。

泌尿器科/尿管結石 
Q1 尿管結石の発作には流行があるか?あるとしたらその原因は?

           (これは個人的に長い間温めて?いた疑問です)


http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/uro.dir/outline/research_kesseki.html
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003053607/en/
http://www.chiff.com/a/summer-stones.htm
http://www.springerlink.com/content/b78k406126875278/


 やっぱ夏に多いということだけなんでしょうか?そうともいえない実感があるんですが、皆さんはいかがでしょうか?
 ある年の10月ぐらいのこと。診察室に入って来た患者さんが二人続けて尿管結石だった経験もあるんですが。皆さんの経験を教えていただけると有難いです。
[PR]
# by esnoopy | 2007-08-04 08:06

はじめまして

皆さんはじめまして。

開業して20年近くになる無床診療所の内科開業医です。
専門は循環器内科ですが、開業してからは家庭医として
患者さんに多くの疾患に対する方向づけができることを
目標に、いろいろな診療分野に興味をもってきました。

日々の診療の中で次から次へと、これでいいのかという
疑問が湧きあがって来て困っています。

日頃、研究会には出来るだけ出席するように心がけて
いますが、独りよがりの診療になっていないかと心配です。
皆様からいろいろ教えていただけることを願っています。

形式や方向性もしっかり定まっていないので、そのことに
ついてもご意見がいただけると有難いです。

医療関係でない方には面白くないブログでしょうが、これ
から試行錯誤を繰り返しながらなんとか続けていきたいと
思います。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by esnoopy | 2007-08-03 08:06